2010年10月05日

さよならbyebye

忽然と現れた心の秋風。

悲しまない、悲しまないで
不意をうちを食らう顔みせないでぴっとしなよ。
さよならbyebye 元気でいてね
私から切り出したケジメだからキャッチしてよ

なんて、だれかさんは歌ってました。

強くて愛しい想い

というキャッチフレーズでアルバム出たのですが
懐かしい限りです。

今聴くと、とてものびやかに歌っています。
作曲、編曲の立場からいえば、フレンチまじりの8ビート
という観点で歌っていたのですが
リーは
もっと、この曲切なく歌ってほしかったな。。。
と当時から言われてました。

こんな悲しい歌なのに、なぜこんなに強気だったんだろう。。。
とおもえば

mは10代より男の人と付き合った事はありませんでした。
要するに、もてませんでした。

いつも音楽によりどころを求めて
男に負けたくないという想いで青春時代過ごしたとおもわれます。

聴く曲はいつもインストばんどの洋楽。
っというか、歌ものは避けてた感あります。

そんな屈折した女はレディースバンドにも憧れをもち、
やはり、メンバーの色恋沙汰でぽしゃり
大学入ってからは、一匹狼でDTMに走り、
男への復讐を誓ったのであります。

リーシャウロンとの出会いで、
mはいつも、恋愛の歌詞は書かないで、歌いたくない
生き様を歌いたい!
と、わがままを申しておりましたが、
りーはやはり、mより女の気持ちが当時はわかった人で
m部分だと思われる恋愛ソングも結構歌いました。

「甘ちゃん」にも大サビでは色恋でてきます。
リーのmへの配慮、敵を作らせない配慮だったとおもわれます。
完全に完璧な詞です。

戻りますが、さよならbyebye


20代の後半で重い恋愛も2,3度しましたが
30代からにかけて、40代・・・・
mが知らなかった乙女心が侵略してきて打ち砕かれて・・・
バランスがとれない状況ではありましたが、
今は、ピストルではなく、
女であることに感謝しています。

さよならbyebye
元気でいてね


あっ!なまずが泳いでる〜

新しい馬渡に戻ります。
うぃ。。(^^
posted by 馬渡松子 at 02:41 | Comment(28) | 日記