2012年12月27日

滋賀BARIHARI  ヲタトークフェスタ!!!

今年最後のライブとなる滋賀ヲタトークフェスタ(WTF

かなり前からこのイベントをなぜか意識していた。

 

朝一の大阪行きの飛行機に乗るべく5時起床。

おー、準備していたら時間ないぞー!!

の時に、まさかのホーム宮崎で宮崎空港の道に迷っているス。(><)

 

どうにか間に合い、いざ滋賀へ。

 

馬渡は先月大津には一人弾き語りでおじゃましていたが

滋賀BARIHARIはもっと内陸の野洲というところにある。

 

丁寧にも織田祐二さん似のスタッフさんが出迎えてくれて

案内される。

 

会場広い上に、スタジオまであるこの滋賀BARIHARI

早速、今日2曲セッションする滋賀の選抜バンドマンとの30分のリハーサル。

音出せば、もう気心しれた熱血馬渡band誕生!

打ち合わせもすぐ終わりのステージサウンドチェック。

 

今日の出演者がみな見守ってくれる中での

本番よりド緊張の馬渡。

 

サウンドチェック終わってからの出演者スタッフ皆集まってのご挨拶。

総勢60人気合が入っている。

 

楽屋でひとしきり皆で盛り上がって、のスタート。

しょっぱなは、幽白のパフォーマンスで盛り上げてくれる兄弟。

もうすでに、馬渡の心は熱いですわ。

 

アニソン続いて

滋賀でボイストレーナーをやっている直子先生は

生徒と一緒にデイドリームジェネレーションを歌ってくれた。

 

会場は盛り上がっている!

 

さて、とうとう出番はやってくる。

 

最初の4曲は弾き語り。

P-U

PCだけが知っている

甘ちゃん

Forest

 

15年の経過と「KISEKI」を発売、ライブやり始めての半年

いろんな気持ちを胸に演奏、そして歌いました。

 

途中、大きな声援。

客席を見ると、

4年前、宮崎でボーカルを教えていた生徒がかけつけてくれていた!

彼は、宮崎大医学部に行きながらのレッスン。

よく、音楽話で飲んこともあったっけ。

アコースティックベストアルバム「re.Birth」ではジャケットも書いてくれた。

 

今は滋賀の長浜で小児科の医師をしている。

 

まさしく、生徒、お客さんに見守られながら

今年最後のライブにふさわしいシチュエーション!

 

さて、では滋賀のバンドとセッション!

微笑みの爆弾!!

image003.jpg

もうすでに、お客さんは150人を超えていた。

 

知らないだろうお客さんも、一生懸命聞いてくれている。。

 

熱い眼差しに助けられ、

さよならbyebyeでしめる。

 

暖かい声援と拍手。ありがとう

 

 

振り返ってみると、

この半年でホームの宮崎から始まり

鹿児島から岩手まで独壇場でライブをいろいろな形でやらせてもらった。

 

いろいろなプレッシャー、のなかにも、

出会いがたくさんあったことは、自分の財産。

 

 

来年ももっともっとたくさんの人と出会い心に刻みながらも

自分に打ち勝つ努力を忘れることなく精進したいと思います。

 

 

今年も本当にお世話になりました。

 

ほだば、よいお年を。。。。

 

posted by 馬渡松子 at 00:06 | Comment(3) | 日記

2012年12月13日

KISEKIの復活ライブツアー〜熊本、福岡編

ふ〜、今日も仕事頑張った〜、かんぱ〜い!!

と、福岡から三日経った馬渡はゆるゆる。

 

おす!

九州ライブツアーレポートかいてね

 

この間の大阪南堀江でぐでんぐでんだったスタッフからのお達し。

 

ふー。スタッフ道ずれのこのKISEKIの復活ツアー幸せ行脚の旅。

 

突然の馬渡の思いつきから九州ツアーすることとあいなり、

今回初めてマイ機材RD-500くんとスタッフ、馬渡と車の旅となりました。

 

スのK自動車には3分の2RDくんが占め、

所狭しのスとmは久保田利伸さんを聞きながら大合唱の熊本行きとなりました。

 

熊本着くやいなや、

 

う〜寒い。。。乾燥。。。と、初めてのマスク対策(遅!!)

 

今日お世話になりますDRUM Be-9に到着。

ツートーン髪のいかついスタッフの方が出迎えてくださいました。

 

お願いしまーす!!!

 

ひとしきり宮崎弁で盛り上がった後リハ。。

 

声出ね〜〜〜〜〜(><)

 

関西ツアーから月日が経ちすぎたのか、環境が違うからなのだろうか

 

心もざわめくままの本番。

 

打ち込みからバンドサウンドまで魅了させてくれたジュラブレの後の出番。

 

緊張してるぞ、おい!

 

幕があいて、息も絶え絶えの馬渡をPAさんがサポートしてくれているだけで

その時のmは支えになった。

 

ただただ感謝しながら、どうにか歌い終える。。。

 

楽屋帰り 

もう、ジュラブレは飲んでいた!(おい!!!流石)

すぐさま、今日の共演者、松恭くんとも打ち上げ!

 

ひとしきり、熊本の中華料理に舌鼓うってみなと盛り上がる。

 

熊本は雪が降り始めた。。。。

 

 

一晩経ち、福岡へと向かう。

 

そしてなんとも、この迷路福岡都市高速懐かしい。

 

凍結の中の馬刺し試食中の頼りにならぬ助手席m

携帯のナビ頼りながらの福岡DRUM SON到着!!

 

おねがいしま〜す!!

 

以前、この場所へはアーティスト田村幸太のスタッフできていたので

7年前がもどかしい。

 

なのに、、この地は、15年ぶりのメンツが早々に駆けつけてくれた。

 

 

mは15年前関西ツアーでぶっ倒れる前に一人で福岡ドリームボートでライブをさせてもらった。

それ以来のライブは、地元九州でありーの感慨深いものであり、

これまたすごいメンツ

熊本から来ている同じ郷里のたけちゃん、長崎から来ている愛実ちゃん

の後に恐怖おののめく馬渡

 

いたりと、

極限状態のなかでのライブ。

 

リハでは調子良かったのに、手が動かない。。。

寒さなのか、緊張なのか、愛溢れすぎなのか

もうこんな想い、、、やめてしまいたい。。。

 

これまた、PAさん、お客さんの熱い眼差しに見守られ、ながら

歌い切るぞ。。。歌い切るぞ。。。と念じる。15年よぎる。

自然と涙こぼれ出る。

 

 

Forestで締めて、「ありがとうございました」

 

涙とまらぬまま

「もー歌えない。。。」

 

拍手はなっている。

 

「くそ!もう泣かせるな!」とアンコール。

 

宮崎でSRBOXのズッシー店長に、もうぐちゃんぐちゃんされますよ!

と、言われ出向いた熊本、福岡であったが

いい意味で涙でぐちゃんぐちゃんされた。。。

 

その後、遠方からかけつけてくれた、

すっごいコアなファンの方々と、共演者と打ち上げ!!!

image005.jpg

 

瞬く間に楽しい時間は過ぎていくのであります。

 

またの再会を胸に翌日帰途につく。

 

 

みなと宮崎の人が出会えたらまた楽しいのにな。

 

 

翌日は早速の自宅での反省会ビデオ。

おもいっきし落ち込みました(><)

 

 

が、

気持ちは切り替え

 

今度は23日のまた再びの滋賀県でのライブです。

 

12/23 滋賀BARIHARI  WTF(ヲタトークフェス)

 

ヲタク的なトークをすればよいのでしょうか。。。

 

わかりませぬが、思いっきり音楽を楽しみたいと思います。

 

 

是非、こぞってお立ち寄りください!!

 

 

どこまでいくのかmたりmこよ!!!

posted by 馬渡松子 at 23:44 | Comment(0) | 日記