2013年03月21日

姫城中、合唱指導に行く!!

1月の「えんどるふぃん」の前の日だっただろうか。

馬渡の中学校時吹奏楽の恩師、速見先生からの電話。

 

「馬渡〜、今年も合唱の指導してくれないか?」

 

速見先生、現在mの故郷都城の姫城中学校の音楽の先生をしている。

 

中学校時代は、この先生に随分とお世話になったものだ。

吹奏楽の九州大会では、夜に寝ないで走り回っている馬渡に

付き合ってくださったり、

フルートのアンサンブルコンテストでは九州大会で引率してもらったり、、、

宮崎にmが帰ってからも、いろいろ心配をさせてしまったり。

 

「自覚しろ、お前はすごいんだぞ!!」

と、宮崎でも背中押してくれたり。

 

本当に語り尽くせない程お世話になっているのであります。

 

師匠のお頼みとならば、飛んでいきます!

 

 

朝7時に起きて、宮崎市から約1時間半かけての都城入り。

 

そこはもう、吹奏楽の生徒たちが発声練習をやっていた。

(吹奏楽部であるのだが、音楽教育の一環として合唱も練習に取り入れているのだ)

 

「おはようございます!今日は宜しくお願いします!!」

 

生徒たちが、深々と礼をする。

 

「よろしくね!!!」

 

と、馬渡もいつものアーティストから一転しーの先生!!

 

基礎的な呼吸法、発声、発音などから、

実践で既存の合唱曲にいたってレッスンをする。

image004.jpg

生徒達のまっすぐな目。

子供達の熱心な姿を見て、

 

そりゃ、馬渡俄然力入ります!

 

そして、楽しい!!!

 

打てば響く姫城中の子達よ!!流石だ。

 

最後はお礼にと

吹奏楽にて、いきものがかりの「SAKURA」をプレゼントしてくれた。

image005.jpg

この季節に、ぴったりなこの曲、そして演奏を

一生忘れないことであろう。

 

最後は、サイン会になっていました。

image006.jpg

この子達の大事な譜面に、ドラムのスティックに

様々なメッセージを書きました。

 

「これからもガッツでいこうね!!」

 

 

都城名物、「かしわ飯」を食って宮崎市へと帰る馬渡は

とてもご機嫌でした。

 

姫城中の生徒の皆さん、速見先生

本当に、ありがとうございました!!

 

今後も様々なところでレッスンをしたますm――m

是非呼んでください!

 

 

さて、次の馬渡は。。。

 

4/13 宮崎Club505

にて、初のクラブイベントにチャレンジします。

 

全く違うフィールドですが、音楽はどこでも繋がっています。

 

頑張ってきます!!!

 

(^^v

-->
posted by 馬渡松子 at 02:41 | Comment(2) | 日記

2013年03月12日

表参道ground 「オモサンでアニソン」そして、新宿歌舞伎町aLive「special session Live」!!!

なんとも馬渡心の歴史に刻まれた濃厚な二日間であった。。。。

 

スからの伝言。

「ワタナベエンターテインメントさんからオファーの連絡!!!」

まずは落ち着いて日々の暮らしを淡々とする馬渡

 

3/8その日はやってくる。

朝方までの資料作りのスとともに昼前の宮崎発。

 

東京22℃とすっかり春である。

 

久々の表参道。。。

ここでアルバム「nice unbalance」録ったよな。。懐かしい

黒いコート羽織っての表参道ground入り。

 

そこには、主催元しょこたんのマネージャーさんと今日一緒に演奏するバンドさんひかえていた!

宜しくお願い致します!!

 

今日の馬渡バンドネームは「都会の荒波」!

かっこいいバンドです!

 

約一時間の合わせ、流石!!選抜メンバーとのリハーサルひととおり終え、

楽屋戻ってみると〜〜〜

 

!!なななんと、メディアレモラス(mが前いたレコード会社)時代の馬渡担当の方が!!

 

「おお!北さん!!!!なんでここいるの?」

なんとも今日の出演者さんの担当やってるらしく、の20年ぶりの再会。

そして、その後には今はお亡くなりになられた高橋ひろさんのディレクターさんが楽屋に!!

「馬渡さん、来たよ!!」

 

うお!凄い業界人て あなたたちなの!?

 

本番ギリギリまで懐かしいあの頃と、今のあの人!!的な会話で盛り上がる。

もち、音楽の話も交えながらの楽しいなんともいえないひと時。

 

会場は、馬渡のカヴァーもしてくださっている岩尾潤子さんのステージ。

穏やかで癒されながら控え室にて出番待つ。

 

そして、本番。

 

お客さんは180人はいるだろうか。

もう、満杯である。

 

「微笑みの爆弾」

「ホームワークが終わらない」

「甘ちゃん」

「さよならbyebye

 

初めて馬渡をみるお客さんから懐かしいあの人あの人あの人まで。。。

幽白から現在に至る歴史をMCで交えつつ

お客さんの距離は狭まっていく。

 

そして、アンコールでの皆との大合唱!!!

 

もう、泣いている。

「都会の荒波」も泣きながら演奏している。。。

 

胸いっぱいになりながら、最後はバンドと肩組んでのエンディング。

 

そしてサイン会

 

本当に駆けつけてくれた皆ありがとう。

そして、スタッフの皆さんもお疲れ様でした。

 

 

と、翌3/9は馬渡、一ヶ月ぶりの再登場返り咲きの新宿歌舞伎町aLive

もう、二回目にして常連と言ってもよいでしょうか。

 

マスターの幸一さんとの一ヶ月ぶりの再会。

今回もよろしくお願いします!!!

 

今回のメンバーは、大阪南堀江ZEROで一緒にやったギター遊くんと、

ななんと、パーカスは その時のブッキングマネージャーさんとの共演!!!

 

その名も「ケミカルボーン」!!!

出会いがまた出会いを呼ぶ。

 

昨日の180人とはうってかわって今日はひっそり4人のお客さん。

第一部では、馬渡初の試みのカヴァーをやったり、即興ライブしたり。。。

メンバーからは

「馬渡さん、むちゃぶり多いねん!」

との突っ込みも(^^;

 

慣れない馬渡めは、照れちゃっての速攻第二部ステージ。

 

なんだかんだで一時間半くらいやっただろうか。。。

 

その後は終わってからも駆けつけてくれたファンの方もいたりと

コアな馬渡ファンの集い。

image005.jpg

 

いや、楽しい!!

 

21歳のビジュアル系バンドをやっている子から、新潟から駆けつけてくれたひと、

デビュー当時の馬渡ファンクラブ開設時から応援してくれている子、

アルバム「pops+」の火付け役のひと、

馬渡の今回のツアー岩手まで来てくれている子

 

ほんと、ずっと昔話で、そしてあれからの事で盛り上がった。

 

 

贅沢な二日間に、まだ馬渡は興奮冷めやらず。。。

 

 

しばし、マイスタジオにかかりっきりになりやすが

みんなの出会いを、また繋げるべく、ライブ決定です。

 

4/12 宮崎 studio505

6/29 大阪南堀江ZERO

 

 

宮崎では、馬渡初のクラブシーンに乗り込みます!

 

まだまだ馬渡、死ねないすm――m!!!!

 

 

みんな、待ってておくんしゃい(^^v

 

 

 

 

-->
posted by 馬渡松子 at 10:36 | Comment(0) | 日記

2013年03月05日

SDS.SRヴォーカル発表会!!!

やってきました!

毎年恒例の生徒による生徒の為の発表会。

 

先生として一年分のパワーをつぎ込んでいた、という位の

馬渡の大切な行事。

 

今回は、生徒37組の出演!

12:30生徒がぞろぞろ集まってくる。

今回のタイトルは「future of human voices

 

技術とか云々ではなく、それぞれの声をストレートに伝えて欲しいと願った今回のテーマ

 

そこでの音楽の表現などをアドバイスして

持っている心を存分に表現してもらった。

 

過去最多の37組の出演、4時間

3〜70歳までの様々なジャンルでの発表。

 

たくさんの心は一つになった。

 

音楽の未知なる可能性。。。。人、人間は繋がっていく。

 

それぞれに生きている。

音楽に優劣はない。

 

最後は微笑みの爆弾大合唱でしめる。

 

image002.jpg

 

本当に、生徒達よありがとう!

 

まだまだお前らとともに生きていくよ。

 

 

この子達の想いをのせて、

3/8 東京表参道ground

3/9 新宿歌舞伎町aLive

 

参上します。

 

是非、お近くの方々

今を生きる馬渡を見に来てください。。

 

待ってますぞよ!!!

-->
posted by 馬渡松子 at 13:37 | Comment(1) | 日記