2013年11月25日

ダンスデビュー!?「Never End」


ばてばて気味の馬渡、今日も頑張っております。


めでたく1120日にはベスト盤リリースとなり、

なななんと、まさかのAmazonでの在庫切れ。

一部の方々にはご迷惑おかけしています。

しかし、嬉しい悲鳴です。

ありがとうございますm−m



そして、リリースの3日後には、

これまたなんと、HIPHOPダンスでイベントデビューいたしました!


私の元生徒で今、宮崎での馬渡エリアマネージャーの企画で

バンドとアコースティックと、ダンスの混合企画「Never End」。

他県ではたくさんやっている企画かもしれませんが、

宮崎でこのバンド、アコーステック、ダンスが同じステージに立つというのは、なかなかない事です。

馬渡、いつもこの3つの垣根を取っ払いたいと思っていたので

すぐさま出演させてくれ!と願い出ました。


馬渡の本来のマネージャー、スはダンサーという事もあり

5ヶ月前から、ダンスの練習を仕事終わってほぼ毎日していました。


出演するにあたり、

「馬渡さん、なにをやりたいかわからない。。。」

との皆の反応かな。と思っていたのですが

「なんだかいいですね。是非馬渡さんのダンス見たい!

 そして自分もダンスやってみようかな」

との嬉しい反応でした。


ユニット名はズバリ「EGOIZM

自己中という意味なのですが、私めにはちとかっこよすぎるネーミング。




バンド、アコースティック、と続き、

ダンスチーム「SWAG」「EGOIZM」のショーケース。


「EGOIZM」はBREAKINGHIPHOPPOPPINGLOCKING、を織り交ぜのFreestyle

Cool&beautyがテーマだということらしいのですが、

なにぶん、5ヶ月しかやってないことと、幼少のころから体動かすの苦手、

メジャーの頃も、お遊戯ダンスみたいであったことなど

自信はまったくなく、見切り発車もいいところ。

だが、チャレンジ精神はいつでも忘れないという事と、

歌は現役時代に勝るのは困難にしても、あの頃よりダンスだけはうまくなりたい。

という想いで、今回インストラクターばりの仲間とやらせてもらった。


ルーティーンからソロ。





とにかく、自分を表現したい。。。という想いより

みなの足は引っ張らないよう

自分の事は自分で責任も持とう、、、という気持ちで臨んだ。


少々の自分のミスはあったが、

音も大好きなトッドラングレンを使ったり、

仲間の結束力、そして音を楽しむという本来の事が出来て

満足しています。


そして、バンドの後には、主催者の大悟が

「馬渡先生を雑に扱えるのは僕だけです!

 先生の伴奏で微笑みの爆弾を皆で歌おう!!!」


と、ぶっとんだ前振りで皆で微笑みの爆弾を大合唱。


打ち上げでは、アコーステック、バンド、ダンスが互いに交わり

いろんな話に花がさいた。


私のやりたかったことが、確実に受け継がれている事に

とても喜びを感じている。


Never End  ほんとうにありがとう。。。



本来の活動、アーティスト馬渡の事に戻りますが、

宮崎帰ってきてからも、ぞくぞくメディアに出させてもらっています!

やっぱ、ホームもいいね!







ここで、またまた発表があります。

The Best of Mawatari Matsuko」に引き続き、


12/6に幽遊白書の4曲+1曲のバックトラックアルバム

Smile Powerインストゥルメンタル  ~M-Edition

が発売になります!!!!


これは当時馬渡がレコーディングで打ち込みをしたデータを新録音して、

カラオケにしたものです!


コピーはズバリ!!!


「ヴォーカルパート空けといたぜ!!」


ぜひ、これであの原曲さながらのユウハク歌ってください!


ライブも続々決定!


12/7 宮崎SR−BOXでのレコ発ライブ!

12月関西のライブ他、

1月には鹿児島にお邪魔します!!!

(詳しくはHPトップページにて)


お見逃しなく!!!


posted by 馬渡松子 at 14:17 | Comment(1) | 日記

2013年11月21日

祝!ベスト盤リリース!「The Best of Mawatari Matsuko」秘話


ベスト盤出すから!とプロデューサーに電話が入ったのは、

スと回転寿司を食べていた5月の時だった。


3月のオモサンでアニソンのステージ見たプロデューサーが

「馬渡、ベスト盤出せるように動いてみる。」

といろいろなところに働きかけて頂き

23年ぶりの曲たちがまた世に蘇ることとなったのだ。


実は、私の今のマネージャー、ス(福原)が一番ベスト盤を出すのを目標に

2年半頑張ってくれていたのだ。


15曲のセレクト、曲順は、私自身の曲の入れ込みを一回取っ払って

馬渡のファンの目線からみて最高!と思えるものにしたく、

ファン代表のスと馬渡との話し合いで決めたものです。


昨日はリリースパーティーを開いて、曲たちへの想いを

二人で語り明かしました。



.帰りたい

まさかの最後のシングルが一曲目になりました。

デビューシングルを持ってくる頭しかなかった馬渡だったのですが、

ス曰く「歌においても、アレンジ打ち込みにおいても

熟練されたものを、しょっぱなに持ってきたかった!」

馬渡最初で最後の生のストリングスが印象的です。


.ついてかない

まさかのミディアムバラード2曲目です。

懐かしい1stからのセレクト。

これは、シングルにもなっていないのですが、とても人気のある曲です。

ス曰く「一曲めからの流れで、まず馬渡と表と裏の曲を見せたかった!」

雪が降っている時にインスパイアされてアレンジしたのを思い出します。

詞もとても切ない。。。。


.ホームワークが終わらない

ここでユウハク曲です。

なんでEDから〜?と思われるかたもいらっしゃいますでしょうが

この曲はユウハクの中で唯一メジャーになる前から作っていた曲なのです。

Aメロとサビのメリハリが大好きな曲。

当時ラップはレコーディング時の思いつきで入れよう!と思ったですが、

村山晋一郎くんのレクチャーによりかっこよく仕上がりました。

ありがとさんです。。。


.Monkey Bites

-motoi-のカップリング曲だったのですが、

馬渡にしては、一番明るくてノレる曲です。

始め、作詞のリーから「ここは日本なんだから」というフレーズで曲作ろう!

とあって出来た曲。

日本!というフレーズは、ワールドカップの「日本チャチャチャ!」のイメージから

湧いて来たような、、、

あと、これはメジャー期のバンドと一緒に録りました。

懐かしい。。。


5.甘ちゃん

最近、ライブに行って覚えてもらっているのがこの曲。

当時はヨーロピアンプログレと言われ、難解だと言われていたのですが

私が自分の曲のなかで、自分の色が一番出てるのはこの曲と思っています。

当時ニューヨークでMIXした時、私の尊敬するスーザンロジャースに

MawatariGreat!!!」と褒めてもらったのが嬉しかった。。。

この詞は永遠に私のバイブルです。


.微笑みの爆弾

来ました!ここで!!!!

全国のかたにいっぱい合唱していただいたユウハクのOP

1stアルバム出した後にフジテレビさんからオファーがあって

漫画の1巻だけ読んで書き下ろした曲。

この曲があってこその馬渡松子でやんす。。。。

ユウハクに感謝。。。


.さよならbyebye

そして、EDだったサヨバイ。とてつもなく切ない詞。メロディー。

サウンドとしては、当時フレンチポップを聴いていたので

その影響あるかもです。

2ndアルバム出した時にテレビ局のかたに

「この曲をユウハクのEDで使いたい。。。」とのことでEDに決まったのです。

この曲をなんでシングルにしなかったのだろう(><)と

未だ、当時のマネージャーは後悔しています(^^;


8.曖昧な季節

シングルにもカップリングにもなってないのですが、

馬渡が思い入れのある楽曲です。

森のなかの木漏れ日がさす感じで作った2ndアルバムの中の一曲。

打ち込みやってても、やはり自然へ回帰する曲はいまでも作っていきたいな。

詞は今だからこそ女としての心情に共感できます。


.-motoi-

ちょっとダークで重めなサウンドですが、詞は初心忘れるべからずといった

とても胸に残る皆へのメッセージソング。

これは、当時のファンクラブの人気投票で一位になった曲です。

飛び立とう今、自分を信じてみる 燃える場所誰かの胸じゃない。。

まさしく、今の馬渡の心境です。


10.P-U

今、いろんな形にリアレンジして演奏しています。

当時、ラップ調のメロディーラインは珍しかったのでは。。。

レコーディングの時、ギターの北島さん(fence of defense)に「ムズケー!!!」

といわせてしまいましたが、23の頃の私は、北島さんに弾いてもらうだけで

ウキウキしてたのを覚えています。

ななんと、これはシングルにもなり、深夜番組のEDにもなってました、そいえば!

当時のマネージャーが大好きだった曲です。


11.Mr.プレッシャー

ベースライン凝りました。Aメロ打ち込み、サビ生Bassという

本来ならないであろうことに挑みました。

これがシングルになった時に、雑誌の取材で「締め切り前これを聴くと、余計

プレッシャーかかるんですよ〜」と言われた覚えが。

このサビもリーのワード「Mr.プレッシャー」というフレーズから作りました。

ス曰く、ベスト盤の中にも「Glassica」とか「woman woman」とか入れたかったんだけど

それを集約しているのがこの曲!との事です。


12.君は今心臓破り

はい、デビューシングルです!

ス曰く、ここからまたベスト盤は気合いいれて聴き始めるために敢えて

後半に持ってきました!だそうです。

本当に、歌う事が楽しくてしょーがなかった頃をおもいだします。

まだ、大学生の頃(1988?)プログレメタルをやってた頃、初めてPOPな曲を作ったのがこの曲。

当時の20万もした4chMTRを自転車に積んで部室行ってたのが懐かしい。


13.さんざんな恋をしても

4thアルバムでミュージシャンにとても気に入ってもらっている曲。

当時も人気のあった曲だが、結構すーっと出来た曲。

噛めば噛む程オトナな雰囲気が出てくる不思議な感じである。

歌詞のハメが絶妙で、とても印象に残るみたいで

今のうちのベースは、いつも「さーんざーんな〜」と口ずさんでいる。


14.デイドリームジェネレーション

まさしく、ユウハクの最終回を思い出す。

ここにきて、やはり泣ける自分。

テレビ局のかたに「微笑みの爆弾に次ぐ曲でラストをしめる曲を作ってください」

とのオファーで苦労して作った曲です。

この曲でMステ、POPジャムなどいっぱいでました!


15.あなたを愛してやまず

ここで、やっとのドバラード!

これは、リーと結婚ソングを作ろうという事で作りました。

男の人や女としての気持ちじゃなく、今まで好きでいつまでも好き強く言える。。。

男女を超越したリーの渾身の詞は流石です。


Bonus track.それいいかもしんない

これは、10代のころからバンドでやっていた曲で

メジャーの時もアンコールでやっていました。

インディーズになってからアコースティックでCDに収録した事もありますが

今回は、ちょっとヘビーなファンクで地元宮崎のバンドマンと新しく録りました。

初のDJさんにも参加してもらっています。

他の15曲は20代、ボーナストラックは45歳の今の馬渡ですが、その間のいろんな

出来事が思い出されます。




簡単に曲の思い出やいきさつなどを書きました。

スがこの一枚のためにずっと情熱を捧げてくれた事

そして、ずっと馬渡を応援をして頂いてた人に

本当に感謝しています。


この一枚が、みなさんの心の一枚になる事を

願っています。。。


posted by 馬渡松子 at 15:23 | Comment(1) | 日記

2013年11月18日

11/16札幌マンガ、アニメ学院講義

ざざん!翌日は朝一から札幌安達学園のオープンキャンパスに出演

そして、講義なのであります。


この札幌安達学園にはマンガ、アニメ学院があり、

来年アニソン学科が出来るということで、今回ゲスト&講師で呼んでもらったのだ。


午前11時から400人収容の大きなホールでの紹介、歌。


はっきり!言うが、朝から馬渡は声でないのでやんす(><)


どうにか、どうにかやりとげ、

すぐさま講義の場所へ移動。


部屋にはオープンキャンパスを体験しにきた高校生から、

マンガ、アニメ学院の在校生まで、講義を受けにきていた。


「おねがいします!!」


みなの大きな挨拶に、馬渡くっと先生モード。


「よろしくお願いします」


15分現在にいたるまでの私の経緯、アニソンのこれからの可能性などお話して

約二時間、馬渡が日頃やっているレッスンを体験してもらった。

最後はみんなで微笑みの爆弾を使って歌唱指導をしたり、、

で、終止、和みムード(!?)であっという間に二時間は終わった。


高校生は進路にあたり、いろいろ悩みもあると思うが

自分のこれだ!と思う道をとことんまで貫いていってほしいと思う。


なにを選択しても間違いということはない。


最後、皆と握手をして

「行ってきまーす!!!」

とその場をさり、

また、5時間かけての乗り継ぎの飛行機に乗って宮崎に帰るのである。



二週間ぶりの札幌弾丸ツアーであったが

東日本ツアーと引き続き、とても馬渡の人生にとった貴重な時間を過ごさせてもらった。


北も南も音楽への想いは同じ。


まだまだ馬渡は半端ものですが

もっともっと精進して北海道いきます。


そして、南と北を繋げるという私の使命のために

また今日から、うちの生徒たちのレッスンも頑張っていきたいと

思います(^^)



さて、次のSmile Bomb投下は

12/21. 大阪南堀江KNAVE

12/22  大阪南堀江ZERO

12/28 大阪難波mele

12/29 滋賀BARIHARI


に伺います!


そして!!!!

遂に、来週の水曜11/20

Best of Mawatari Matsuko」が発売になります!!


そのレコ発ライブを

12/7 宮崎SR−BOX    

にて、やります。(詳細はHPトップページにて)


是非、見に来てくださいm−m




。。。。あとこれは余談なのですが。。。


11/23に宮崎FLOORにて「Never End」という企画で

HipHopダンスデビューします(^^;


45歳まだまだ頑張りま〜す(^^v


ほじゃば!!





posted by 馬渡松子 at 15:12 | Comment(0) | 日記