2013年12月31日

12/21大阪南堀江Knave 「サラダボール」大阪の陣

12/21 大阪南堀江Knave 「サラダボール」大阪の陣

路上で微笑みの爆弾を歌っている人がいる。。。
噂をtwitterでよく目にしていた。

それが、大野賢治くんという人。

彼とは去年の6月に大阪で一緒に共演したことがある。
彼の始めのSEは、有り難い事に
いつも微笑みの爆弾のJazzバージョン。
そして、見事なまでの歌にパフォーマンス。。。

その時すぐさまお友達になり、

そして、その大野くん(おのけん)のイベント
「サラダボール」に誘っていただいくこととなる。

今回は、大阪までカーフェリーの旅という初めての試み。
合宿みたい、、、ドキドキワクワクでいっぱいである。
キャーキャー言ってるのもつかの間
恐るべくの6時半起床の7時半到着。

大阪は曇り空に少し雨、、、と肌寒い。

味のある(!?)ホテルにチェックインして、
大阪のイベンターさんが
かねてから、「馬渡さん、はやく病気なおしてください!!」
という有り難いはからいで、評判の高い整骨院に行く。

とにかく、ここの先生はすごい!!!
体をいろいろ見ながら、ズバズバ心に入ってきて
心のつっかえをとってくれる。
「馬渡さん、昔の経験値だけで、今その上にいろいろ塗りたくって
いる体!新しい自分をさがしてください!!」

ふっと、力が抜けた。。。。

施術が終わった後は
まるで、催眠術にかけられたように、自分が変わっているのが分かった。


そして、ライブハウスに向かう。
おのけん、莉紗ちゃん、奥村兄弟。。。
懐かしい面々との再会、そしてまた新しいミュージシャンとの出会い。
リハを少しやって、すぐさま本番。

この「サラダボール」はもう10回目らしくて、
お客さんも定着している感じであった。

おのけんが呼んだ14組のアーティスト。。。
とにかくみな凄いんです。。。。

アコーステックということもあり、歌 演奏もさることながら
お客さんとのコール&レスポンスも絶妙である。

みなの内面から思っている事、感じている事を
そのままストレートに表現している様は
本当に鳥肌ものでした。。。

私は7番目の出番。
凄いアーティストばかりで緊張しまくるのかな、、と思っていたが
やはり、みなのテクニックだけではない、心の表現に胸うたれ

「よし、私は私でいいんだ」

整骨院の先生のおっしゃった「新発見!」ということばを胸に
ステージ挑みました。

「P−U」
「曖昧な季節」
「甘ちゃん」
「微笑みの爆弾」

こんなに笑顔になれたのは初めてのような気がする。

そして、ライブ直後には、会場全体でまさかのハッピーバースデーのサプライズ(TーT)
ありがとねm−ーm

その後のアーティストにも、アコースティックの真髄を魅せられ
そして客席の一体感に圧倒され、、、

ただただ身近な生活の中にある音楽を楽しむ、、という事を
教えられました。

物販も、どのアーティストもいっぱい人が並び
このイベントは長年愛されているんだなと感じた。

こんな、素敵なイベントに出演させてもらったおのけんに感謝m−ーm

「今日も復活したミュージシャンもいっぱいいて、
ほんと、ブランク乗り越えて歌を歌うてすごいなと思う。。
俺は、ずっと歌ってきた人間だから。。。」

いやいや、ずっと歌ってきているあなたがいるから
こうやって素晴らしいイベントを、素晴らしいアーティストを
育てているんやと思うよ!!

こんな、機会を与えてくれて、呼んでくれてありがとう!!
(共演者とぱちり!!)
「サラダボール」まるごと宮崎に呼びたいな。。。
宮崎のミュージシャン達と一緒にやれたら本望やな。。


いただいたバースデーケーキを持ってホテルチェックイン。

明日のアニソン祭りで、また大阪の愛をもらうこととなるのです。



posted by 馬渡松子 at 13:41 | Comment(0) | 日記

2013年12月11日

レコ発!!12/7宮崎SR-BOX!!

レコ発!!宮崎SR-BOX

「contact」というイベントを地元宮崎でやっている。
アニソンイベントに他県でもたくさん出演させていただいているが、
宮崎ではアニソンがなかなか定着してない現状である。

では、バンドマンとして宮崎にいる以上、
世代を超えて繋がりたいものである。

今回はたまたまベスト盤リリースという事もあり、レコ発ライブ
という事にさせていただいたが、
気持ちとしては、contact!


今回は、宮崎で活躍している若手バンドマンとの共演。

7th sense
ヴォーカルは私の生徒である。
前日のレッスンで、フロントマンのあり方や、これから私たちが
やるべき事、
いろんな事を確認しあった。
そして、このメンバーでは初ライブ。

Heatmind
このライブイベントするにあたって、誰もが私に勧めてきたバンド。
そして声かけてすぐさまに手を挙げてくれた。
生徒からも音を聞かせてもらっていて、
とにかく、楽曲センスが素晴らしい。

Harbert
宮崎で、今一番といって過言でない程活躍しているバンド。
本当は、4人のメンバーなのだが、残念な事にメンバーが前日に脱退してしまい、3人では本当に久しぶりとなる。
ヴォーカル「今日は演奏でぶっぱなします!!」と。

それぞれに今日12月7日までにいろんなストーリーがあったバンドばかり。

想いもひとしお。

馬渡はいつものGLASSICAにDJ師匠DJmeekさんも加わり
最強メンバー。

こわいす(^^;

みんなで円陣組み、おう!!!!
「レコ発関係なしに、存分に自己表現してくれ!」

初ライブにして、一番動員が多かったの7th senseから幕を開ける。

「今日は大事な日なんだよ!
音楽で救ってくれた師匠のレコ発なんだよ。。。」

うるうるの馬渡(T-T)
いろんなこいつとの歴史が走馬灯のように蘇る。

ドラムレスにもかかわらず、圧倒的な世界観で魅了してくれた。


いかん、馬渡ここで泣いては。。。
と、控え室にもどっては、気持ちを切り替え
Heatmindを応援しにいく。

ヘビーななかにも透明感のあるメロディーは、胸が熱くなる。

言葉少なめにも、全身全霊で演奏にぶつけてくれる。

いつもスタジオで無邪気に挨拶してくれるメンバーの一人一人の笑顔を思い出す。


いかん、馬渡ここで泣いては。。。
と、控え室にもどっては、気持ちを切り替え
本番の準備をしながらの

今回、いろんなストーリーがあったであろうHarbertの渾身の演奏。

3人になっても安定感とど迫力の演奏。
凄い。。。

やっぱ、バンドていいよな...

なんて改めて思いながら
酔っぱらいGLASSICAのメンバーと本番待つ。

さて、本番。

おおお!!!キンチョーMAX!!
P−Uから難解なDJのビートで始まる。

気持ちが落ち着かない。
ホームでのバンドスタイルでのキーボード&ヴォーカルは初めて。
という事に気づく。

抜群の演奏力のGLASSICAに馬渡、演奏、歌ともについていってない。。。

トランス状態になるほどの体がまだ備わってない。

馬渡にとって場数という経験とはなんと無意味なものだろうと思う。

微笑みの爆弾で少し落ち着き、
さーっと駆け足で7曲があっという間に終わる。

少し距離のあるお客さん。
しかし、心の距離はぐっと縮まった気がした。

アンコール

ベスト盤のレコーディングのメンバー全員での
「それいいかもしんない」

GLASSICA絶好調に盛り上がる。

客席もそれぞれに控えめながらも乗っている。

「ありがとう、みんな!!」



バンド全員参加といううれしい打ち上げで
若者、おやじバンドマン 互いに打ち解け合う。

音楽が大好きなのは皆同じ。


この想いを乗せて、
12/21 大阪minamihorie 
12/22 大阪minamihorie Zero
12/28 大阪難波mele
12/29 滋賀BARIHARI

Smile Bomb投下しにいきます(^^v
ベスト盤、インスト盤共に持っていきますよ!!!

また、懐かしい面々と会うのがとても楽しみ!
そして、また新しい出会いを待ってます!!

是非、お近くの方は遊びにきてくださいね(^^)

posted by 馬渡松子 at 03:08 | Comment(0) | 日記