2014年04月07日

4/3宮崎SR-BOX「SR GIGS Vol.72」

4/3宮崎SR-BOX 「SR-GIGSvol.72」

馬渡は再活動してから、ほんと大阪のライブハウスにお世話になった。

そのきっかけをつくっていただいた、
当時大阪南堀江ZEROの店長の大中さんが手がけている「ヒグチアイ」さん
を招いていてのSR GIGS.

ヒグチアイさんがツアーするにあたり
「西日本は馬渡さんとツアーをやりたい!」
と言っていただいて、2マンで廻る予定だったのだが、
馬渡のスケジュールが合わなくて、宮崎のSR GIGSにお招きする事となった。

今日の面々は、私の思い入れのある子たちに声をかけた。

私の最近の生徒で、凄いインスピレーションを感じている
30代の弾き語りの秋丸大輔くん。
1年前からギターの弾き語りを初めて、2月には私のスタジオPit’a Patで
CDもつくった詩依ちゃん。
8年前、私がプロデュースをやっていた子と一緒に頑張っていた子と
最近偶然路上で見かけて声をかけた甲斐慎治くん。
あの頃より楽しそうに音楽やっている姿に心惹かれたのだ。

この3人と私でヒグチアイさんをもりあげる。

「よろしくお願いします!!!」

ホームのSRは、やはりリラックスできる。

一人で登場のヒグチアイさんは、大荷物で登場。
なんと、次の日は沖縄でライブなのだそうだ。

馬渡もすごい過密なスケジュールこなしているが
アイちゃんも一人で大変だな。。。

始終楽屋は和みムード。

が、、なぜか肩があがらない!!

そういえば、昨日朝大阪から帰って、
その足で2時間かけてダンススクールで
2時間ヒップホップと初ブレイクダンスで汗を流したのであった。

スがインストラクターということもあり、初めてブレイクダンスに挑戦したのであるが、
日頃使わない筋肉使ったりでどうやら筋肉痛である。
スは今日親知らず抜いたとかいうことで、二人ボロボロ。。。

甲斐くんが水かもしれない酒をかっくらってて、
みんなの気を和ませてくれていた。


本番

初めてのライブとは思わせない秋丸くんの迫真のステージ。
これからが楽しみである。
平日ということもあり、お客さんはまばらではあったが、
完全にみなの心をつかんでいた。

そして、レコ発となる詩依ちゃん。
伸びのある声は健在。
宮崎では最近いない陰にこもる世界観も馬渡イズム。
お母さんが真ん中にいて緊張した〜としきりに言っていた。

そして、甲斐慎治くんは会場をファンキーな楽曲で盛り上げてくれている。
しばらくぶりの復活ライブだったそうだが
そうとは思わせない、余裕のあるステージ。確実に成長している。
これから、宮崎シーンをまた盛り上げていって欲しいと願うばかり。

そして、東京からのヒグチアイさん。

楽屋で結構いろいろな深い話を聞いていたりで
ライブは、彼女の想いが痛い程胸に突き刺さる。

東京というと(一般的には)メジャー感、、と連想するのであろうが、
アイちゃんは、はっきりいってアンダーグラウンドでコアである。
しかし、巧みなピアノ 歌声 世界観
どれをとっても素晴らしい。

馬渡、全国廻らしてもらっているが、
彼女のように素晴らしい才能の持ち主をいっぱいみてきた。
しかし、才能だけではなく、
この世界観を共有する
その瞬間、時間、空気。
これがLiveというものである。

売れる、売れないという観点の音楽は大多数はやっていない。

宮崎の人にもアイちゃんみたいなライブを見てもらいたい。
そして、素敵なアーティストをもっともっと宮崎に呼びたい。

そんな事を考えながら、
ホームのSRのステージにたつ。

今までは、こんな凄いミュージシャンの後はプレッシャーいっぱいだったのであろうが、
今日はなぜか清々しい感じだった。

私には自分の曲たちが私というプレーヤーを待っている。

この前の大阪で吹っ切れた部分もいっぱいあったのだが、
その吹っ切れた自分だけでもいけない。
ある程度の緊張感、そして初心 忘れてはいけない。

新曲を2曲やりました。

「Free Life」
「リスク」

かなり、緊張しましたが、新鮮かつ、楽しかった。。

そんな新曲も交えつつの6曲。

演奏の後は爽快感だけであった。。

平日のお忙しいなが、足を運んで頂いた方、ありがとうございましたm−ーm


打ち上げでは、宮崎と東京の意見の交換会。
それぞれの想いがまた、人を繋げてくれると確信してます。


さてさて、ゆっくりしてばかりもいられません!

次は、4/26 大阪心斎橋soma「暗黒ディスコoosaka」
です!!!

ヘヴィーメタルのSoundwichさんと一緒に演奏します!

馬渡の原点とも言えるメタル!!!!

きっと楽しいですよ!
是非、お近くの方は遊びに来てください(^^v
posted by 馬渡松子 at 03:23 | Comment(0) | 日記

4/3宮崎SR-BOX 「SR GIGS vol.72」

絎勐��SR GIGS.vol72.jpeg暗黒ディスコ.jpeg

ヘヴィーメタルのSoundwichさんと一緒に演奏します!

馬渡の原点とも言えるメタル!!!!

きっと楽しいですよ!
是非、お近くの方は遊びに来てください(^^v


posted by 馬渡松子 at 03:07 | Comment(0) | 日記

3/30大阪心斎橋Twice cafe 「After All」

3/30 大阪心斎橋Twice cafe「After All」

先週のハードワークがこたえて、3月末〜4月頭はゆっくりしたい!!!

切望するも虚しく、
「ユニバーサルスタジオに行く!」
という特典付きで、次の週は 大阪心斎橋twice cafeでのライブ。
また大阪行きのカーフェリーに乗り込むこととなる。

低気圧か、かなりの揺れ。

着いたら、土砂降りの雨。傘もない。
そして、港から大阪市内に出ているバスに乗りおくれ
途方にくれる。

びしょびしょになりながら、他行きのバスに スの決死の交渉。
めでたくバスにも乗り込め、大阪心斎橋へ。

今回は一人での弾き語りの予定であったのだが
先週、神戸新長田のポップカルチャーフェスでお世話になった
raichiさんのお人柄にとても感銘を受けたスとmは、
またraichiさんにお願いする事になる。

すると、「バンドでいきましょう!バンド声かけてみますよ!」

なんて、いい人。。。。

ということで、着いて早速のリハーサル。
10代のBass きんちゃん、20代のDrumのイワシ君、30代のGuiterのraichiさん、そして、40代の馬渡
って事で、まさしく世代を超えたバンド
「第弐雷地雨音隊」

完コピのきんちゃん、いつも笑顔のイワシ君は専門学校生。
楽しく、わいわいやりながらリハーサル。
時間も余ったのでセッション、
そしてしまいにはスにVoマイクをたくす。。。。という無茶ぶりも。

今日のライブハウス心斎橋Twice cafeはアメリカ村のど真ん中。

「よろしくお願いします!!!」

店長さんが挨拶にみえた。
「いや〜馬渡さん、今日は急遽バンドとは。。。気合い入ってますね!」

いろいろトラブルありながらもリハーサル終え、

次、進撃の巨人、キルラキル、ガンダムなどを歌われている小林未郁さん
リハーサルにはいる。

今日朝までお酒飲んでいた。。。と笑っていいながらも
すごい演奏、歌唱力。。。
いろんな土地で毎回凄いアーティストさんとブッキングしてもらって
有り難いばかりなのであるが、
今、第一線でやってらっしゃる小林さんは、気迫というか、プライドというか
とにかく、とても刺激をうけた。

馬渡、過去の人にならない為にはどうしたらいいんだ。。
いろいろ考えた結果、
「馬渡は馬渡でいいんだ。今の馬渡で」

本番

20年ぶりに会うファンのかたとの再会もあり、
客席も膨らんでゆく。

有馬くん、メトロリック、Passengerside,
熱血ギター弾き語り、ボカロ、癒し系、等様々なジャンルで
魅せてくれる。

面白いイベントだ。

そして出番

なんだか、いろいろ考えて吹っ切れたのか、
今までより思い切った気持ちで声を出してみる。
それはどんな外した声でもいい、、、とにかく想いをさらけだした。

楽しかった。

バンドもわかってくれたのか、弾けて演奏している。

いろんな人の胸を借りた感じであった。
いままでかかえてきたプレッシャーは、
ただの自分よがりだったのかも。

終わったときは汗だくだった。


最後は小林さんがピシッと決めてくれて
「After All」は終わる。

意味のある3/30だった。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございましたm−ーm


そして、そんな馬渡にご褒美も!ということで次の日はUSJ。

肉食ったり、アトラクションに90分待ったり、はしゃぎすぎて
声がガラガラになったり。

もう、童心にかえって遊びまくりました。

また、乗り遅れそうになったバスをやっとキャッチして
カーフェリー。

明後日は宮崎SR-BOXでのライブ!!!

しっかりホームでも、大阪でもらったパワーを届けなきゃ!


posted by 馬渡松子 at 02:22 | Comment(1) | 日記