2016年05月05日

こどもの日、そして母の誕生日

こどもの日。

今日は母の誕生日だった。

母に会う数時間前はかなりイライラしていた。
「人って結局計算して私利私欲に人を利用して。
コバンザメだわ!!!」

なんて、相棒を疲れさせ、困らせた。

わからない。。。

私も人間である。

所謂、できてる人間ではない。

母との1ヶ月ぶりの、そしてメモリアルな誕生日の食事会に
かなりピリピリしていた。

私は3歳からの母子家庭である。

愛に飢えているとか、環境が悪いとか、
全く持って、カテゴリー分けと偏見にいじめもあっていた。

よく、わがままという言葉で代用詞されることとなり、
社会からは疎外されることとなる。

母が苦手であった。

幼少からの教育スパルタ。
それがいやで3歳から自発的に汽車に乗って1時間かけてピアノのレッスンにも行った。

4歳からショパンとリストのアルバムを片手に
景色を見て聴いてはいつも救われた。

箱入りムスメのお嬢さんだったのかもしれない。
英才教育など言われ
それも疎外の対象になった。

そして、優秀な身内も苦手であった。

心から話せる人を探した。
コミュニケーションを探した。言葉ではないもの。
感じるもの。

自然、音、空気、小鳥。。。


先日熊本地震があった。

4年前から東日本ツアーにも行っている。
その度に感じる。
「偽善」音楽?。。という懐疑が、また人を音楽から遠ざける。


自称音楽人であるからこそ、
他アーティストの音楽をきいて
人の不幸の心に入った音楽→偽善音楽→ビジネス、と錯覚する時もある。

ビジネスは、もっと向上性あるもの。
最近会う、親しいビジネスマンは教えてくれる。
生活のため。。とか、そういうところでもない。。


母に切々と自分の行きたい先を、初めて真から話した。。
耳の聴こえない母に話した。。。

母は初めて、
生まれて初めて、私にありがとうを言ってくれた。

「こんど、あんたのイベントにいこうかね。。」
そして嬉しそうに横断歩道を渡って帰って行った。


涙が止まらなかった。

母79歳

親というものは、

本当にかけがえのない
永遠の師匠だ。


posted by 馬渡松子 at 20:50 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
松子先輩、お元気ですか?
お母さまのお誕生日、おめでとうございます!
先輩のブログのお蔭で「日本は今日が母の日だった!」と思い出し、メールする事が出来ました。ありがとうございました。

お母さま、イベントに来て下さると良いですね。

大きな災害が起きると自粛ムードが漂いますが、最初の「情報が欲しい!」時期は自粛ムードも何も関係なく【どこで何がもらえるのか】などの情報が不可欠だとは思いますが、ずっと自粛ムードでは被災者だって余計に気持ちが塞ぐかもしれません。そんな時、音楽は最高の心のよりどころになるような気がします。もちろん音楽だけでなく、色々な芸能、スポーツなどもそうだと思います。

自分が高齢になった時の事を考えても、音楽は本当に良いと思います。特に、昔の楽しかった頃の事を思い出させてくれる音楽。

先輩。是非ずっと頑張り続けて下さい。経営者として、悪い時もあるとは思いますが、きっと良い時が来ます。信じて笑っていれば!

私事で恐縮ですが、この年齢で育児をする事になり、結構ボロボロな時も多いのですが、先輩がブラジルに行かれたり頑張っていらっしゃる姿を拝見したりして勇気を戴いています。
またいつかお会い出来ますように!
Posted by ぶうみん at 2016年05月08日 16:03
こんにちは。お久しぶりです!以前ティナでお世話になりました。今3人目の子を授かって昔とは違う慌ただしい毎日をおくってます。お元気ですか?最近ふと松子さんが頭に浮かんで元気か気になったので何となくネット検索したらブログをされているみたいだったのでコメントさせていただきました。ご迷惑だったらすいません。あれからずいぶんたちますが、ずいぶん元気そうで良かった。お母さんのこのブログを見てすごく胸が締め付けられました。親ってやっぱりすごい存在ですよね。私もいい見本になる親になりたいです。松子さん頑張ってくださいね!応援してます。
グリコのキャラメルTシャツやチョコボールのTシャツを着ていたころを思い出します(^.^)
Posted by なおこ at 2016年05月24日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の数字を半角で入力してください。
※コメントは管理者により確認されています。
 不適切なコメント、誹謗中傷の書き込みなどは、
 削除させていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。