2016年10月16日

「イヴ・サンローラン」

今、久しぶりの映画、何故か「イヴ.サンローラン」を見ている。

私も、海外からの免税店では他のブランドにはない
イブ.サンローランのピンクのリップを買ったものだった。
エロい感じと主張の感じがたまらなく憧れた。
(結局、自分に似合わなく、でも捨てれず。。の今日)

精神的の優越が、芸術というものを生み出し、
ファッョン、ブランドを生み出す。。


私は外見かっこよさどうでもいいし、自分にないものだと思うから、
嫉妬も感じなく、「あ、そういう世界もあるのね。。」なんて感じでしたが、
自分のやっている音楽も
何にもかえがたい芸術である、

ビジュアルというものがわかりやすく、そこが芸術、アートだというのであれば、
私は、いつでもアーティストの肩書きを捨ててもいい。

そんな見解から49年生きてきて、
デザインアート、歌歌わせると軟弱者で歌は聞けたものでないダサい精神的成功者、であるにしても、
私はビジュアルにおいては、
全く興味ない事を飛び越えてのコーディネート力にもかけている
ダサいセンスと、体型と顔だったりする。

でも音楽だけは信じている、、

いろんな可能性がある。

もっと、前者での音楽でのネイチャーなアプローチわかったうえで
後者ブランディングでも認め得るくらの寛容性をもちたいと思っている。



posted by 馬渡松子 at 18:47 | Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
お!馬渡さんのアティテュードカッコいいですね(^ー^)
Posted by シンゴ at 2016年10月16日 19:19
初めて書き込みます。
今モンストで幽白コラボやってて松子さんの歌が毎回流れ狂喜乱舞しているものです。
久しぶりにこのブログを読ませていただいてますが、変わらずお元気なようで喜ばしい限りです。
モンストのおかげでテンションが上がってしまい松子さんのベスト盤買わせていただきました。
今後のご活躍も期待しております。
ではまた。
Posted by キヨ at 2016年11月21日 21:50
こんばんは。初めまして。馬渡松子さんと同じ三股町出身のあゆみです。一昨年、三股町のふるさと祭りに来てくれたんですよね。ちょうどその時あたしは出産して退院したばかりだったので同じ三股町にいるのに外出を許されなくて開場に行けなくて寂しかったです。本当にすみませんでした。生歌聴きたかったです。また、地元に来てください。お願いいたします。
Posted by 川野あゆみ at 2017年01月05日 23:20
コメント読んでいただけましたか?
いつも幽遊白書の主題歌聞いて待ってます
Posted by 川野あゆみ at 2017年02月03日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の数字を半角で入力してください。
※コメントは管理者により確認されています。
 不適切なコメント、誹謗中傷の書き込みなどは、
 削除させていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。