2017年02月09日

「喜びと悲しみは一緒」〜シング・ストリート〜

お金もないので、家で一杯やりながら映画を見ようと早く帰ってきた。

とことん、音楽の事未だ知りたくて
選んだ映画は「シング・ストリート」

学生時に聞いていた80年後期の音楽も目白押しだったのもあるが、

始めから終わりまで、名言がありすぎて。。。

家庭環境に問題のある家庭の次男が、他校に転校し
いじめあったり、恋に落ちたりするのだが、
バンドを始めて、いろんな事を経験する。

「上手く音を奏でようとするのはロックじゃない」
「喜びと悲しみは一緒」
「ハンパはなにをやってもダメ」。。。
「言葉だけで行動に出ないなら、そこで終わり」

本当に胸に突き刺さる言葉の数々で、
楽しい青春映画なのに、涙ポロポロ。

私のことだが、質実剛健の進学高校の中で、
親に隠れて、なけなしのお金で買ったギター抱えて学校に自転車で行っていた頃を思い出した。。。

そして、物語は最後は主人公をいじめていた子も仲間に入れて、ツアーにでる。
みんなのSmileを繋ぐ。主人公は人生のチャンスをつかんで彼女と旅にでる。

タバコが、酒が、女が、人を害する。
そんなおきまりの秩序で、だれを救えるのか。

誰だって、いろんな環境がある。生まれてきた環境がある。

救われない人だっている、(私だってその一人だ)
好きな事ばかりやって!!とかよく言われますが(ほ・っ・と・け笑)

救えるのが、音楽だとしたら、
私は、これを天命の仕事だと思って
みんなに伝えていきたい。

そして、スクールもやっていきたい。

また、環境悪いと甘んじているやつも、
根性もって来い!

そして、大人にも、この心の叫びを
マネーだけでは計れない子供たちのことも
少しは理解してほしい。

英語はもっと自由で、深い。

日本島国がより世界に孤立していかないのを願うばかりです。


〜〜全ての兄弟たちに捧げる〜〜〜

ミュージシャン
馬渡松子



posted by 馬渡松子 at 00:48 | Comment(0) | 日記

2017年02月05日

馬渡的、音楽教室の著作権料徴収について思う事

おひさし〜の馬渡です!

ライブに、スクール経営に、、、多忙な日々でブログ滞っててごめんなさいm−ーm

一昨日ニュースにもなった
「音楽教室での著作権料徴収」についてのニュース。

私は、作曲家、コンポーザーでもあり、
でも、音楽教室もやっていたり。。かなり複雑ですが。。

思うのよね。。
ネット社会の世の中になって
音楽って一般に普及したのは事実だけど、お手軽感ありすぎて
本当の音楽の素敵なところ、人間にとって大切なもの、
それが希薄になってきてるのも確か。

一曲の曲に対して、(作詞家、作曲家の楽曲)
アレンジャー、プレーヤー、マニュピレーター、エンジニア、
レコード会社、事務所、流通会社、メディア
ライブにも及ぶと
PA音響、照明、舞台一式、スタッフ、イベンター、プロモーター、ライブハウス、会館

本当に、様々な専門家が関わって音楽は成り立っている。

そして、みんなの耳に届く、心に届くのよね。

フロントマンもスタッフも裏方も音楽陣として生活もある。


全ては、一曲の楽曲から成り立っているのよ。

私もよく「印税で儲かってるでしょう?」
なんてよく言われるけど、

曲を作る、(天との繋がり)に行き着くためには
多大な代償を払う。。。そんな人生だったような気がする。

また、下っ端の時は自分で書いた曲を先輩の名でリリースされて。。
なんて、凄く屈辱的な 目にあったミュージシャンもいっぱいいたっけかな。
これは、音楽業界がこれから考えなければならないところ。

今、音楽教室やってて、
「個人の教室には管理は入りません」
とのご説明だったので、生徒さんには安心してレッスン受けられるようご案内しているところです。

カラオケ配信は著作権料は払われているから
カラオケ店でCD-R買って、カラオケ録音してきてそれで練習しましょう、
とも言っております。
譜面出版も著作権料は払われているので、譜面見たい人はそちらで。

今、音楽に関わるほとんど全ての事に携わらせていただいているから
有難いことだし、いろんな事情もわかるし。。

私だって、小さいころは大手企業の音楽教室で
「小鳥がね。。。♪」って歌って習っていたからさ。。

戦略だけでない、

本当の音楽が、皆様の心に唇に歌に
永遠にありますように。。


2017年2月
馬渡松子



posted by 馬渡松子 at 15:08 | Comment(0) | 日記

2016年10月16日

「イヴ・サンローラン」

今、久しぶりの映画、何故か「イヴ.サンローラン」を見ている。

私も、海外からの免税店では他のブランドにはない
イブ.サンローランのピンクのリップを買ったものだった。
エロい感じと主張の感じがたまらなく憧れた。
(結局、自分に似合わなく、でも捨てれず。。の今日)

精神的の優越が、芸術というものを生み出し、
ファッョン、ブランドを生み出す。。


私は外見かっこよさどうでもいいし、自分にないものだと思うから、
嫉妬も感じなく、「あ、そういう世界もあるのね。。」なんて感じでしたが、
自分のやっている音楽も
何にもかえがたい芸術である、

ビジュアルというものがわかりやすく、そこが芸術、アートだというのであれば、
私は、いつでもアーティストの肩書きを捨ててもいい。

そんな見解から49年生きてきて、
デザインアート、歌歌わせると軟弱者で歌は聞けたものでないダサい精神的成功者、であるにしても、
私はビジュアルにおいては、
全く興味ない事を飛び越えてのコーディネート力にもかけている
ダサいセンスと、体型と顔だったりする。

でも音楽だけは信じている、、

いろんな可能性がある。

もっと、前者での音楽でのネイチャーなアプローチわかったうえで
後者ブランディングでも認め得るくらの寛容性をもちたいと思っている。



posted by 馬渡松子 at 18:47 | Comment(4) | 日記